キョウステ~キョウキョウが作家を目指すブログ~

作家志望のキョウキョウが、日々の生活について適当に書くブログです。キョウキョウステーション、略してキョウステ。

アイデア001

「ステータスを改ざんする能力を持った主人公」

 

生まれたときから、自分には不思議な能力が身についていた。それは、人の才能を一目見るだけで数値化したような感じで分かる、という能力。それから、観察した相手がどんな事を得意としているのかも、スキルとして見ることができた。

 

更にそれだけではなく、相手の能力を自由に変更できる、ステータス改ざんとも言うべき事が出来た。

 

主人公が、そんな自分の能力を自覚したのは、子供の頃。母親の女友達が頻繁に遊びに来ていた時のことだった。

主人公は、母親の友達が少し苦手だった。なぜなら、彼女の目つきが少し凶暴で怖いと思っていたから。性格が優しく、子供も好きなようだが目付きが鋭く見られると泣き出してしまう。もう少し、その凶暴さがなくなればいい人なのに、と思っていたらステータスの”怖さ”の部分が徐々に下がった。結果的に、母親の女友達の目つきが次第に柔和になり、怖さがなくなった。

 

ある時には、飼っていた犬の毛並みが隣人の犬のモノに比べて少し物足りないと気づいた時。毎日のように手入れをして、隣人の犬のように綺麗になってと願っていたら、飼っている犬のステータス画面に表示されている”容姿”の数値がどんどんと上がっていって、隣人の犬に比べても遜色ない、むしろ超えたような綺麗さを手に入れた時の事。

 

主人公はステータスが表示される人間や動物と触れ合うことで、能力という数値化されたモノを自由に操作できる能力を自覚するのだった。

 

テーマ

現代物、人のステータスが自由に見れて、更に自由に改ざんできる能力を自覚してどう駆使していくのか。